about

「メイドインジャパン」を支える足立区のものづくり
2000以上の工場を抱える東京都足立区は、生活用品や機器部品等を製造しているものづくり企業が非常に多いエリアです。各工場は、それぞれが異なる独自技術を磨き上げ、長年にわたって「メイドインジャパン」を支えてきました。これら足立区の町工場が誇る高品質で多種多彩な技術や素材に、洗練されたデザインを施すことで付加価値のあるプロダクトを作りたいという思いから、カブ・デザインが「足立道具店」というブランドを2017年に立ち上げた。
毎日がほんの少し豊かな気持ちになる、暮らしの道具店。
「足立道具店」は、暮らしの道具を足立区の職人たちとデザイナーが作るブランドです。日常にあるような物を、少しだけ質の良いものにして暮らしを豊かにして欲しいというコンセプトで、主に生活雑貨を作っています。道具たちは、各工場が得意としている技術をデザイナーが引き出し職人が一つ一つ丁寧に作り上げており、ながいあいだ使ってもらえるように簡素さを追求しています。

https://adachidoug-ten.tokyo.jp/